一戸建ては定期メンテナンスでトラブル回避が鉄則

メリットのある住宅地

阪和線沿線の住宅地の特徴とメリット

阪和線は天王寺と和歌山を結ぶJR路線です。大阪と和歌山を結ぶ路線は他に南海電鉄がありますが、南海は比較的、海沿いを走ってりる路線です。これに対して阪和線は山寄りを走る路線です。従って住宅地としての開発は南海沿線が先行していましたが近年では阪和線の沿線も大規模な開発がされるようになってきました。特に堺市より南は近年、開発が目覚ましいところもあります。阪和線沿線の住宅地の特徴としては戸建て住宅が多く、また戸建ての敷地面積も非常に広いところが多いことです。これはまだ土地の値段が他の地域とは違い安いことがあげられます。従って、庭付き一戸建てを希望する人にとっては阪和線沿線の住宅地は非常にメリットがあるわけです。

戸建て住宅のトレンド状況

阪和線沿線は分譲マンションよりも戸建て住宅が非常に多い傾向があります。住宅地も第一種低層住宅地域の部分も多く三階建て以上の建物を規制するところもあります。従って非常に閑静な住宅地が多いのが特徴的でしょう。また、最近のトレンドとしては三階建てが規制されているため、中二階の空間を作るなどして延べ床面積を広くすることが多いようです。また、そのような顧客のトレンドに答えるため一戸建てを建設する住宅建築会社が多いのも特徴です。フジ住宅や谷口開発など阪和線沿線で展開する業者や工務店が多く、大手の住宅会社と競争を繰り広げています。また、熊取にあるつばさが丘に代表されるような住宅街では必ず敷地内に植樹する必要があるなどのルールがあり注意が必要です。