一戸建ては定期メンテナンスでトラブル回避が鉄則

住宅選びの基準

阪和線沿線の駅から近い物件の探し方

大阪市内にある職場まで、1時間以内で通える場所で一戸建て住宅を探したいときには、阪和線沿線の駅から歩けるエリアの物件が魅力的である。しかし駅の近くの物件は割高なケースが多いので、阪和線沿線の中でも不動産価格が割安な地域に焦点を当てるべきであろう。そこで一戸建てを購入するためには、阪和線沿線の中から3駅程度にターゲットを絞ったうえで、じっくりと探すべきであろう。特に新しい年度が近くなると分譲物件が増えるので、一戸建て住宅の販売が集中して行われるシーズンに購入するべきである。その場合には新しく発売された物件に飛びつくのではなくて、1か月程度待ってから、業者が値下げするタイミングで購入するのが賢い方法である。

一戸建て住宅を購入するときの工夫

一戸建て住宅を購入する場合には、新築を含めてできるだけ新しい物件を選ぶのがポイントである。しかし阪和線エリアには歴史のある分譲住宅も多いので、ブランド力のある地域であれば、築年数に関わらず購入を検討するべきであろう。特に知名度のある分譲エリアの場合には、中古住宅を購入してリノベーションを行うのが賢い方法であろう。大手分譲地の中古物件であれば、しっかりとリフォームを行うことで、更に20年以上住むことも可能である。しかし築年数の古い物件は価格が安いので、建て替えて住む場合でも非常にお得であろう。また路線バスの本数が多い地域であれば、駅前にこだわらずに一戸建てを探すことで、敷地が広い物件も見つかるであろう。